CK3 1.5.1 パッチノート日本語訳

翻訳元:

CK3 Dev Diary #90: The 1.5.1 Update | Paradox Interactive Forums

 

###################
# Balance
###################
-AIは、あなたを主君として認めた場合、より迅速に派閥を離れるようになりました。
-AIは彼らの主君を強く好いている場合、請求者の派閥を押さないようになり、より高い評価により(派閥を押す?)機会が減るようになりました
(例えば、AIは彼らがが評価80を持っている請求者を、評価60を持っている主君に対して押す可能性が低くなりました)
-AIは請求者を選ぶ際に宗教的な敵意を考慮するようになりました。
-AIは「忠誠を誓う」を実行する際に贈り物を選びやすくなっています
-ゲームルール「Empire Obscurity」が追加されます。これにより慣習的伯爵領の20%を支配していない帝国称号は破壊されるようになりました。
これは帝国が極めて小さな領域として残り続ける問題を解決します
-主君への請願「統治官の派遣?」による支配の上昇量を大きくしました。
-「the Cup of Jumshid(ジャムシードの杯、ユニーク宝物?)」の補正を修正しました。
-フックによる同じ候補者への投票の強制の期間を5年から100年に変更しました
-ひらめきを有する人物を宮廷に招待するのはより難しくなり、現在後援されている人物を招待するのは実質的に不可能になりました。
-所領なしAIが、あなたから贈られた宝物を(レアリティに依存して)装備しようと試みるようになりました
-宝物に対して、家による請求権のみが存在する場合、家長だけだが宝物の要求を行うようになりました
-戦略ライフスタイルによる散兵へのボーナスは、「一撃離脱」パークに移動されました。
-AIは、子供の教育の要求に対してプレイヤーが拒否した場合、5年間のクールダウンを持つようになりました。
-AIは強く好いているプレイヤーに宝物を要求したり、一度断っても何度も要求したりしなくなりました。
-「貞節」特性は誘惑の計画力を減少するだけになりました。(以前は成功率も下がっていたのか…?)
-伝統「勤勉」による開発度の進捗は1年あたり最大1回までしか適用されない
-テングリ聖地カヤリクで弓騎兵にボーナスが発生するようになりました。
-馬上槍試合場と弓兵場の公爵領建造物がラクダ騎兵、象兵、弓騎兵にボーナスを与えるようになりました
-パルティア式戦術のパークが象兵とラクダ騎兵を強化するようになりました
-「建築家」特性が文化伝統によって強化された際に得られる名声が、50%から一律+0.5/月に変更されました。
-「野営地」と「狩猟地」の建物が弓騎兵に効果を与えるようになりました。
-ハロルドの勝利の可能性を低くするため、ノルマン・コンクエストの様々な要素を調整した
-ノルマンコンクエストに勝利した場合、AIが首都をロンドンに移動するようになった。
-Northern Lords の 王朝の遺産は、ノース文化だけでなく、ノースの子孫であるあらゆる文化の王朝が取得できるようになりました。
-「神聖なる分娩」(宗派の信条)は、子供が生まれるたびに信仰点を与え、妊娠を美徳とみなすようになりました。
-宝物を贈ることによる評価の上昇量をリバランスしました。
-部族の王・皇帝が宮廷を利用できるようになりましたが、(封建制・氏族制の)それとは違うように働きます。
-「期待される宮廷の豪華さ」は「現在の宮廷の豪華さ」と同一になり、上回ったり下回ったりすることはありません
-アメニティレベル最初の2つを除いてブロックされます
-部族製であればアメニティのコストは大きく増大します(部族制では安すぎた)
(そのままの計算式だと部族制では安くなりすぎた、ということか?)
-「部族タイプ」という1つの宮廷タイプしか利用できません。
これは封建化する場合に保持することができますが、あまりメリットがなく、AIはすぐに切り替えてしまうでしょう。
-すべてのチュートリアルとゲームコンセプトで、部族制とその違いについて言及されるようになりました。
-部族に不似合いだったいくつかのイベントが発生しなくなる(例:新しい都市を設立する)。

###################
# AI
###################
-再補給したがっているユニットスタックは、補給ができない場合でも、消耗を避けるためにそのサブユニットスタックを近隣の州に分散させる。
-AIは、目標となる州を選択する際に、プレイヤーのユニットを供給状況に考慮するようになった。
-AIは非常に少ない兵力で徴募兵を集めることをしないようになりました。
-隣のプロヴィンスのターゲットに対して移動する際、最後の手段として消耗を無視できるようにする
-補給のための兵力計算時に、ユニットが移動しているかどうかのチェックが欠落していたのを追加しました。
-戦闘の評価については、利用可能なサブユニットのスタックが十分に近接している場合のみカウントします。
-主要なサブユニットスタックが既に移動している場合,一部のユニットは(技術的に?)まだ包囲しているからといって指令を拒否することがなくなります ?
-自暴自棄になったAIは、敵ユニットの近くにいるターゲットを選択したり、敵ユニットと交戦する際に、より大胆に行動するようになります。
-戦争目標付近のプロヴィンス目標を追加スコアとして狙う際、城以外のプロヴィンスを無視するようにしました。
-大聖戦では、AIは戦争目標に向けた戦いに集中し、数的弱点による対立を敬遠するようになる。
-宮廷アメニティ支出をより機動的に調整するようAIに指示した
-AIは、傑作以下、呪われたもの、使えないもの(おもちゃなど)のために宝物請求の戦争に行くことはなくなりました。
-「忠誠を誓う」のAIクールダウンを3年から2年に引き下げました。
-宮廷の謁見イベントでAIが過剰に消費するのをブロックした
-略奪終了後、AIがスタックして帰れなくなることがある不具合を修正

###################
# Performance
###################
-ゲーム内の全ポートレートのパフォーマンスを大幅に改善
-宮廷のシーンのパフォーマンスを向上させました。

###################
# Interface
###################
-紋章エディター 詳細編集モードで紋章を反転させるためのチェックボックスの追加
-君主の税に関する予算ツールチップの入力は、予算ツールチップ内ではなく、内訳として表示されるようになりました。
-王権ボタンの左マージンが低すぎるのを修正
-雇用された囚人に対して、解放交渉時に「誓いを立てる」ことを強制できるようになりました。
(解放交渉で雇用と誓いを同時に強制させられるようになったということ?)
-アーティファクトを贈る際、そのアーティファクトが装備されているかどうかが表示されるようになりました。
-評議会のタスクに威信アイコンを追加
-採用できない空席の宮廷の役職は、リストの一番下に正しくソートされるようになりました
-死亡したキャラクターの年齢の横にドクロが表示されるようになりました
-王宮(Royal Court)との区別のため、「宮廷」タブを「廷臣」に改名
-テキストラベルの余白をより正しく修正しました。
-信仰ビューのマージン、スペーシングをクリーンアップしました。
-標準のウィンドウの余白を変更し、ウィンドウの横の縦線に重ならないようにしました。

###################
# Art
###################
-全ての玉座の間の照明と影を大幅に改善
-王宮で表示される盾の宝物の紋章が左右反転していたのを修正しました。
-あらゆる閃きの種類ごとに異なるアイコンwo
-アラビア服セット用の足衣装の追加
-ソロモンの玉座のユニークなアートを追加しました。
-オリファント(宝物、象牙製の楽器)がユニークな3D外観を持つようになった
-アフリカと北欧の剣がユニークな3D表示になりました。
-ステップアックスにユニークな3D外観が追加されました。
-アフリカの斧がユニークな3D外観を持つようになりました
-ステップのメイスにユニークな3D外観が追加されました。
-地中海のメイスとアックスがユニークな3D外観を持つようになりました。
-アーティファクトに新しい2Dアイコンを複数追加
-グラフィックス設定メニューの各プリセットレベルで使用されるテクスチャ品質設定を変更し、
最高プリセットが最高品質のテクスチャを使用するデフォルトとなるようにしました。
-正教の司祭は常に髭を生やすようにした。
-キャラクターが目を細めすぎてしまうことがあったため、まぶたを調整しました。
-2つの異なる文化を混合できるオプションのための混合文化のアートパターンを追加
-ローマ帝国を改革した神聖ローマ帝国にユニークな紋章を追加

###################
# Localization
###################
-さすがに省略

###################
# Game Content
###################
-最大既知言語数に達すると、言語を失うイベントを追加しました。
-戦闘中に戦旗を失った際の通知、個人アーティファクトの請求、名声の喪失を追加しました。
-狩りイベントを3つ追加
-中世のフットボールに関する年次イベントを追加
-武器の向上に関する新しい軍事ライフスタイルイベントを追加しました。
-攻城戦に関する欺瞞ライフスタイルイベントの追加
-死者の森をテーマにした脅迫ライフスタイルイベントを追加
-サマルカンドのヤマゲートに関する決断を追加しました。
-運動好き特性に関するイベントを追加しました。
-舌足らず特性を持つキャラクター用のイベントを追加
-レリック(遺物?)の宝物と武器の宝物を合成できるイベントの追加
-神学ライフスタイルイベント「Passion Play」追加
-宝物に関する殺人からの救出イベントを追加しました。
-言語を知ることに関する敵対的計画進行中のイベントを2つ追加しました。
-ビルマ地域に「テーラワーダ教団設立イベントチェーン」を追加しました。
-冒険者が発見できる新しい宝物として、オリファントを追加しました。

###################
# User Modding
###################
-さすがに省略

###################
# Databases
###################
-フィンランド文化とビャルム文化の間にある郡にカレリア文化を追加。
-ゼーランドと周辺郡を結ぶ海峡を追加しました。
-フランス語の称号に不足しているアクセントを追加する
-Konrad Wettinの没年月日を修正しました。
-スンニ派カリフの歴史における空白を修正
-ザンクトガレンの歴史設定を改善
-ユグル文化は、今やウイグル文化からの分岐文化である
-オングト文化は今、沙陀文化の分岐文化である
-西サヘルの他の主要な文化ブロックとの主要な溝を表現するため、ソルコ、ガウ、ソンガイにアイネハ語を追加。
-1066年にファティミッド・カリフの母であるラサドで追加された。
-チョーラ王朝の系図の未解決な人物を整理しました。
-Uxkullを川のラトビア側に戻しました。(プロヴィンス?人物?)
-オストマルク/ブランデンブルク、マイセン、ラウジッツのデフォルト名をポラーブ語にし、ドイツ語に変更されるようにしました。
-リューベックとメクレンブルクでは、スラブ語の名前をデフォルトで使用し、ドイツ語に変更されるようにしました。
-ロシア/中央アジアの時代錯誤な名称を削除する。
-イスラム教の1066年のヴォルガ・ブルガールが封建制から氏族制になる
-オトラントの名称の誤記を修正
-ナイソスという名前を共有する2つの郡を修正し、唯一のナイソスのスラブ語名としてニシュを追加しました
-ラシュカの音訳と首都男爵領の名称の不一致を修正。
-867年、誤ったワラキアのブルガール人の支配者をヴラフ人に入れ替えた。
-キャリックファーガスとウィグタウン間のアイルランド海峡のグラフィックが誤って配置されていたのを修正
-Hörðalandの歴史的支配者を修正、現在はEirikrが正しい。
-ファーティマ(ムハンマドの娘のファーティマ?)は今、敬虔な特質を保証されています。
-Wilhelmshaven(男爵領)をより歴史的なJeverに改称
-ブルガリアの「戦士の文化」の伝統がが、「立ちあがって戦え!」に変わった
-ブルガリア文化の混合元にクロアチア文化を加え、ヴラフ文化の形成も遅くしました
-867年、ブルガリアの首都はプレスラフになる
-867年のアヴァール文化の領域をBalaton公爵領にまで拡張
-初期のブックマークでのポーランド公爵領は部族の名で呼ばれるようになった
-ヌペ文化は現在、東クワ語を話している
-PetropavlとPetropavolskの名称を修正しました。
-Kievの英語表記をKyivに変更しました。
-CourlandをCuroniaに改称
-ニジニ・ノヴゴロドは現在、フィンランド語の場合だけでなく、ロシア語の場合もオブラン・オシュと呼ばれています。
-1066年のロシア人・スロヴァキア人の族長の取り残しを修正しました。
-1066年のフィンランド文化・ロシア文化の重複を修正しました。
-プロヴァンスサヴォワの国境付近の文化を更新し、オック文化とフランケン文化の広がりを反映させた
-スタート時のペチェネグ人封建領主の修正
-両ブックマークでシリア文化をネストリウス派信仰と結びつけました。
-Mayzad家の欠落、1066年のシリア国境、1066年のカッパドキア公爵の誤りなどの修正。
-アンジューからプロヴァンスにかけてのアルビ混合文化圏で使用された固定称号の修正
-Bidaic(宗派)となるべきSiguic(宗派)のプロビンスの一部を修正
-ベドウィン文化となるはずのマシュリク文化プロビンスの一部を修正
-エストニアラトビアの歴史的文化背景の改善
-南バルト帝国の領域で帝国境界線を調整した。
-ラングルの歴史的な設定を改善し、プロヴィンスブルゴーニュ公国に移しました。
-シチリア人を中心に、名前の等価性を追加しました。(?)
-フランス語の称号に欠けていたアクセントを追加
-1066年当時のシチリアの歴史・文化設定の改善
-シチリアの文化は950年に混合するようになりました。、867年には存在しないのに、1066年には700年に混合したと書かれていたためです。
-1066年のスタートでオリッサは王国となりました
-1066年、Kinjali Mandali(伯爵領)にBaud Bhanjas家を追加。
-Somavamsi家の家系図を修正し、Somavamsi王朝の別の系統が1066年に王国の西部を支配するようになった。
-1066年、Swetaka Mandala(伯爵領)にChikitiki Ganga家を追加。
-Qocho(高昌)王国の封臣がClanからFeudalに変更されました。
-「西スラブの統合」の決断を更新し、「西スラヴィア」の称号を与えられるようにしました。
-Zurvanism(信条)は、現在では全ての信仰ではなくゾロアスター教のみのための信条である。
(Asceticismの信条が、ゾロアスター教ではZurvanismという名前になるみたい)
-ゾロアスター教の宗派としてBehafaridismを追加
-ポラーブ王国をデフォルトでSorbiaと表記するように変更
-グルジアの歴史的なバグラチオン家の人物がアルメニア人のまま残っていたのを修正
-Ari(仏教の宗派)を改造、ビルマの歴史上の人物を追加、既成のものを調整
-Ariのカラーを「ローストプラム」に変更。
-カタリ派の信条はritual suicide から、輪廻転生に変更された
-信条の「Consolementum」は「Endura」に変更されました
-骨なしイヴァルはラグナールの長男ではなく、末っ子になった。
-Neftegorsk をより適切な名称に改称
-HerewardとTurdifa をフランドル伯爵の宮廷に移動させる。Herewardの特性を調整し、ケンブリッジシャーへの強い請求権を与えた。"ウェイク "というニックネームを追加。
(参考:この人物っぽい 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%AF
)
-アングロサクソンの人物id 90029を削除: 'Edith' は Hereward の母の名前で、妻ではありませんでした。
オランダ人の人物idを追加(保留)=「Turfida」はサン=トメルで育った彼の実際の妻である。
-ヘレワード・ザ・ウェイクの王朝を追加

###################
# Bugfixes
###################
-謁見イベントにおいて、先行するイベントから後続のイベントがキャラクターを奪うことがある問題を修正しました。
-王宮の所有者が死亡してもイベントが進行している場合、「死亡した」王宮を訪問した際にソフトロックが発生する場合があったのを修正
-評議会任務のイベントが再び意図したとおりに実行されるようになりました。
-選帝侯が爵位を主要称号に持っていないと投票できなかったのを修正しました。
-グラデーション境界が更新されるはずのタイミングで更新されない問題を修正
-ゲームをリロードするまで文化的分岐のボーナスが更新されない不具合を修正
- Getting Ahead イベントで、子供たちが君主の気を引くために争う問題を修正。
-攻城戦の防御力が、基本的な要因の変化により、非常識に高くなることはなくなり、攻城戦の合計値が現在の進行度を下回ると進行度が低下することはなくなりました。
-謁見を行うときに宮廷シーンの後ろで決断ビューを開かず、必要な決断の詳細ビューのみを開き、すぐにそれを閉じるようにしました。
-サクソン選挙製の下で、選挙人が(称号の?)ランクに基づいて評価することはなくなりました。
-ノーザンロードを所有している場合、エストニア文化もヴァランジアンアドベンチャーを利用できるようになりました。
-add_achievement_variable_effectが変数を正しく増加させないために、"Seductive "実績が発生しない問題を修正しました。
-トーストを贈ると肥満になる代わりに栄養失調になるのを修正しました。
-保留中のインタラクションがタイマー終了後に期限切れにならないように修正しました。
-文化ウィンドウのUIで、文化指導者の学識が古くなることがあるのを修正しました。
-宝物の制作のような2段階の決定を使用し、その後宮廷のビューを開くと、謁見の決定ウィンドウが空になるのを修正しました。
-文化混合のクールダウンなしオプションが正しく適用されない不具合を修正しました。
-脅迫していた相手が返信する前に死亡した場合、脅迫のやりとりが永遠に利用できなくなることがあった問題を修正
-禁欲の誓いを立てたキャラクターに「Go Outside!」イベントが発生するのを修正しました。
-ルーラーデザイナーのキャラクターが、置き換えられた歴史的な王朝のバナーを受け取っていたのを修正しました。
-スロヴァキア人の冒険者がルーグの宝物を見つけやすくなるように修正しました。
-首都がシリアにある場合、ルームのスルタンの決断が消えていたのを修正しました。
-ローマ教皇庁の復元は、今やあまり隠されていないはずです
-支配者がスコットランドの郡を所有していた場合、アングロサクソンの全郡が強制的にスコットランド文化に変換されていたのを修正。
-他キャラクターの囚人に対して医療行為を選択できていたのを修正
-休戦中のキャラクターに対して「称号の剥奪」を使用することで、強制的に戦争を起こし休戦を回避できる問題を修正
-死亡したペットから作られたアーティファクトの名前が壊れていたのを修正
-外国に住むキャラクターが祝宴に招かれ、楽しい時間を過ごして二度と帰らなくなる現象を修正。
-新しい分家を作成すると、王朝の旗の請求権が付与されない問題を修正
-ゴーティエ・ド・ブリエンヌと王朝の重複を修正しました。
-Civic Rivalryイベントにおけるトリガーの不一致を修正しました。
-「デーンロウとイングランドの分割の終了」(決断?)が、スカンジナビア人でなくてもスカンジナヴィア選挙製とデーンロウの紋章を与えていたのを修正
-病気のキャラクターが寝巻きでヘルメットやコイフを着用する問題を修正しました。
-陳情を拒否した君主が自分自身への評価を減少させていてた問題を修正
-オーストリア大公国のディシジョンにおいて、誤解を招くような王朝のトリガーを修正しました。
-ロックの欠落、空白の議会による決断のブロック、主君への請願に関する細かな不具合を修正
-王朝の旗を王朝の長に贈ることができない不具合を修正
-イベント「The King of Livonia」の報酬とテキストを修正しました。
-封建選挙制において、一部の選挙人が低位であるために候補者として除外されることを修正しました。
-スロベニアで時代錯誤な称号名を一部修正
-都市開発のメッセージウィンドウで、都市ではなく寺院が建設されていると表示されるのを修正しました。
-「Hero of the Frontier」イベントにおけるスコープの不具合を修正
-「Found Witch Coven」の決断の判定条件の表示を改善しました。
-「Unconventional Preacher」イベントにおける聖職者の性別が修正されました。
-宗教騎士団が、戦争中または大聖戦に誓約しているときに、自らを招集できるようになりました。
-「Information Brokering 」のイベントには、自分の子供の親についての既知の秘密は含まれなくなった
-自動的な法の変更の通知文の欠落は修正されるだろう
-ソンガイの色を統一
-Cadastreのフォローアップイベントは、もうコートビューに隠れることはありません
-アンジェリカの指輪は、冒険者が発見し宮廷に持ち込んだ場合、床に置かれることはなくなります。
-キャラクターの投票先を変更するために必要な選挙スコアのツールチップを改善しました。
-選挙人が教育に基づいて自分自身に投票していた問題を修正
-ブックマークでエストニア人の人物が非エストニア語の名前になっていたのを修正しました。
-「新しいファッションの紹介」(決断)のクールダウンのトリガーの視点を修正しました。
-実績 "Delusions of Grandeur "の条件が適切に動作するようになりました。
-実績「The True Royal Court」をより直感的なトリガーになるよう調整
-業績向上薬の効果を調整した
(業績向上薬ってなに?)
-子供は16歳になると、必ず幼少期の特徴や後見人を失うようになりました。
-謁見イベントによって開始された請求権争いの宣言に威信がかからなくなりました。
-給仕長/護衛/毒見役の殺人からの救出イベントにおいて、誤って保存されたスコープを修正しました。
-次の時代へ進むための革新性は、取得可能なものだけをカウントするようにしました
-囚人を処刑によって、同じ特性から2回ストレスを与えることがないようにしました。
-宮廷シーンエディターの光源チェックボックスの有効/無効を修正しました。
-ターゲットが放浪者の場合、誘惑イベントでLocが欠落する事例を修正
-特定の状況下で、権利主張者の派閥が連続して形成/解散される問題を修正
-イベント「The Norther Menace」が、無効な戦争に対して発動することがある問題を修正
-「Public Accusation」イベントにおいて、実行者の名前がボタンに表示されないことがあったのを修正
-寝室のイベント画像の誤った参照を修正しました。
-イベントの選択によって処刑が起こったときに、処刑中の囚人のツールチップが正しく表示されないことがある問題を修正しました。
-封臣は処刑人になれないとゲーム内で通知されるようになりました
-いくつかの混合文化名が、Anglo-SaxonではなくSaxon cultureを誤って検索していたのを修正しました。
-"Beta Israel"実績がルーラーデザインのキャラクターにも適用されるように修正
-ゲームマップが画面に表示されたときに、数フレームだけ表示されるゴーストウィジェット(=UIのパーツ)を隠す。
-もし密偵長の計画が露見しても、密偵長はもう自分が計画者であることを明かさないだろう。
-庶民の家臣を持つ庶民の君主が、「下に嫁ぐ」目的で貴族として扱われなくなる
-伝統「共和国の遺産」は「Reigional」の伝統に適切に分類されるようになった
-HUDのサイドパネルボタンのツールチップに欠落していたショートカットを復活させました。
-リースの取り消しは、一度のみストレスを与えるようになった。
(宗教騎士団への町の貸与のこと?あるいは修道会への借金?)
-伝統「Land of the Bow」は、東アフリカの遺産をもつ文化でも正しく使えるようになりました。
-文化混合の通知は、創設者が外交範囲内にいる場合のみ表示されるようになりました
-死亡した人物のインベントリボタンを非表示にしました。
-標準的な誘惑の結果イベントは、寝室の背景を使用するようになりました。
-「Mountaineer Ruralism」と「Mountain Homes」の伝統は、今や正しく相互排他的である
-家臣が宮廷に現れ、自分の親族を投獄されたと文句を言うことはもうない。
-西ゴート文化は今、"Visgothic Codes"の伝統を所有した状態で始まります
-指定した相続人が僧侶や宦官など、相続が無効となった場合でも、ゲームオーバーにならなくなる
-文化ビューで宮廷言語を採用するためのボタンをクリックできるようになりました
-自分の近親者のみ名前を変更できるようになったため、もう世界中のどんな子供でも名前を変更できるわけではありません。
-FP1の伝統は、取得が不可能な場合は表示されなくなるはずです
(FP1ってなんだ…?)
-「Celebrating another culture」の決断、効果を失わないようになりました。
-タイムリーな宝物で、あなたを殺そうとする子供をいなくなりました。
-A Sweet Farewellイベントの不具合を修正しました。
-マーブルセプター(宝物)が骨のビジュアルを使用していたのを修正、レガリアを使用するようになりました。
-原始宗教の信仰が改革された際に宮廷司祭が称号を失うのを修正
-"A Shadow in the Night"(イベント?)は何もない確率を表示しないようになりました。
-頭蓋骨がない場合に皮/頭蓋骨を狩るイベントが発生しない問題を修正し、より容易に発生するようにし、狩りイベントに関するその他の問題を改善/修正しました
-プレイヤーの重複により発生したによるOOSを修正
-その他のレアなOOSを修正
(OOSってなんだろう…?)

2018年09月02日のツイート

2018年09月01日のツイート

2018年08月30日のツイート

2018年08月28日のツイート